紫布亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校の体育祭

<<   作成日時 : 2012/05/24 23:11  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次男が入学した高校(男子校)の体育祭。もう親が行くこともないかな、と思いつつ、初めてだから話の種にとひとりで行ってきました。会場は高校ではなく、高校のある市の陸上競技場。生徒たちはスクールバスで送迎。親は自力で・・・・というわけで、片道約一時間半、710円かけて行きました。

一学年11クラスで、全校生徒約1200名。わが子がどこにいるやらさっぱり・・・・
生徒席に行ってもいやしないですし。

まったく力の入っていない体育祭で、雰囲気は「祭」というよりも「競技会」。中間テストの翌日にフィールド競技の予選、その翌日が本番。練習なしのぶっつけだそうで。

予選で次男のクラスは敗退したため、次男は30人リレーと100mハードルのみに出場・・・・までは前日に判明していたものの、プログラムがまったくわからず。競技場のどの辺からスタートするかもわからず。

とりあえず競技開始時間に間に合うように早めに行くと・・・・ もう始まってる〜 しかも、次男が出ると言っていた30人リレー。スタート場所が四ヶ所で、もはやどこにいるやら見当も付かず。しかも、学年がごちゃ混ぜだったので、いったいどのレースに出ているのかもわからず。うろうろするうちに競技は終了。なんとか聞こえる放送で、かろうじて次男のクラスが決勝に残らなかったことを確認。

ハードルまでは時間があったので、ぼーっとしてました。暑かった・・・・ 睡魔が・・・・

競技はがんがん進みます。昼食休憩もなし。各自自分の出る競技の間に適宜すませること、だそうで。昼頃学校から生徒に紅茶の500mlパックが配られてました。(子どもの話では、メーカー提供とか)

ハードルは耳を澄ませて出場者名をチェック。これまた学年・クラス混合でやるので、わが子がいつ出るやら見当もつかないのです。全然呼ばれなくて、これは聞き逃したか、種目を間違えたかと思っていたら、ようやく呼ばれてホッ。一つぐらいは見ないと行った甲斐がないですものね。

ところで、淡々と競技が進んでいくなかで、ハードルでやってくれました。ある組が一斉にスタートしたと思うと、いきなりその中の二人が肩を組んで一緒にジャンプ。途中で一人が上半身裸になってもう一人におぶさったかと思うと、おんぶしたほうはハードルを跳ぶ・・・・わけもなく、蹴倒して進んでいきます。観覧している生徒たちがうわーっと喜び、ゴールのときは盛大な拍手が湧きました。あとで叱られなかったのかな、と思いましたが、息子に訊くと、あれは例年そういうパフォーマンスありの競技なのだとの説明。

なにしろ部活動リレーとか応援合戦とかいうにぎやかしが一切無い記録会のような雰囲気だったので、このパフォーマンスは楽しかったです。羽目を外してこのくらいというのもほほえましく。

わが子の出番はもうないので、早々に帰途につきました。というのも、帰りのバスが、14時早々にある一本の次は17時台までないという、とんでもないものだったからです。後半は決勝ばかりで、幸い?縁がなかったですし。

雰囲気がわかったので、行って良かったです。途中すごく眠くなりましたが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
shifu0518をフォローしましょう
高校の体育祭 紫布亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる